フォトウェディングをロケーション撮影するメリット・デメリット


世界に一枚だけの結婚写真を撮れる

フォトウェディングにはスタジオ撮影とロケーション撮影があるため、どちらを選ぶのかは2人の価値観によって異なります。ロケーション撮影は観光名所や地域の風光明媚なところで写真を撮りますが、メリットとなるのは生涯記念に残る写真を撮れる事です。また、新婚旅行を兼ねて撮影している人も多く、国内外でスタジオに依頼して撮影できます。通常の挙式や披露宴と異なり、準備や手間・費用を抑えることができるため、結婚に関するイベントよりも生活面に費用を使いたい方にもメリットです。式場などで周囲に気を使わず、お互いに最高の笑顔で撮影できるのもメリットの一つといえます。

好きなロケーションで好みの衣装やポーズ、小道具を使って撮影することは、世界で1枚だけの写真を撮ることができるというメリットでしょう。

天候や経済的な負担を生じる場合もある

デメリットとなるのは、天候によって撮影できる日時を限定されることです。天気の良い日の多い地域やシーズンを選ぶことで、天候による撮影中止を防ぐことはできます。ただし100パーセントとはいかないため、複数の撮影日程を設定し、その中で撮影できる日に撮るため、時間に余裕を持って申し込むことが必要です。また、撮影するプランによってはちょっとした挙式を行う位の費用となるため、経済的な負担をよしとしない人にはデメリットといえます。更に着付けや移動、メイクによって時間を取るため、撮影予定の時間は比較的かかると考えたほうがいいでしょう。妊娠中で撮影を希望する場合、ロケーションだと心身に負担を生じる可能性は高くなるため、スタジオで撮影することを勧める写真館も多いです。

ペットは家族のような存在でも挙式では連れてくることは難しいですが、フォトウェディングであれば花嫁姿でペットと一緒の写真撮影が可能となっています。